2017/09/22

ヒアシンスの水栽培

ヒアシンスの水栽培についてですが、
方法は簡単です。
下のサイトでは、水栽培法の過程について、わかりやすく書かれていますので紹介します。
概略を以下にまとめました。

時期
10月ごろから
選び方
大きくて重い

容器
ヒヤシンス用とかクロッカス用など専門の容器がよい

水栽培での育て方
暗い方がよく伸びる。
根が伸びるにつれて水位を下げる。(根も新鮮な空気を必要としています)
芽が出たら、室内の明るいところに移す。
水はときどき取り替える。

詳しくはこちらです。
球根の水栽培
http://www.yonemura.co.jp/main/engei/hyappan/mizusai.htm


水栽培での育て方の注意点として、ヒアシンスがかかる細菌による病気があります。
「軟腐病」といって、傷口から細菌が侵入し、繁殖します。
菌は、養水分の通り道を塞いでしまいます。
次第にしおれ、腐り、悪臭を放ちます。管理面では注意してください。

posted by よりよい生活に向けて取り組む委員会 | ヒアシンスの水栽培
前の記事 > ヒアシンスの水栽培の注意 | 次の記事 > 水栽培が向く球根
2017/09/14

水栽培が向く球根系植物について

ヒヤシンスは秋系球根に分類されます。
秋系球根の特徴としては、秋から春にかけて成長し花を咲かせます。
冬を越す植物のため、寒気によって花芽するという性質をもっています。
この性質を利用し、冷蔵庫などで擬...
posted by よりよい生活に向けて取り組む委員会 | 水栽培が向く球根系植物について
前の記事 > ヒアシンスの水栽培 | 次の記事 > ヒアシンスの水栽培の注意
2017/09/13

ヒアシンスの水栽培の注意

ヒアシンスの水栽培における注意ですが多くの野菜も侵されている、軟腐病という病気があります。
果実、花、葉、茎、根など柔らかい部位から細菌の進入し、起こる病気です。
徐所に拡大していき、空洞化していきま...
posted by よりよい生活に向けて取り組む委員会 | ヒアシンスの水栽培の注意
前の記事 > 水栽培が向く球根 | 次の記事 > ヒアシンスの水栽培